注意が必要な有害重金属

注意が必要な有害重金属

 

注意が必要な有害重金属は
数多くあります。

 

また、食品にも含まれていますので、
有害重金属を含む食物を摂る時には、
食べ過ぎないように注意が必要です。

 

ワクチン(予防接種)も、
できれば避けたいものです。

 

これから、いくつか
有害重金属の紹介をします。

 

【カドミウム(Cd)】
工場からの排水や排煙、米、喫煙から取り込んでしまいます。

 

〈症状〉嘔吐・腹痛 腎臓障害・骨粗しょう症・骨軟化症

 

【水銀(Hg)】
魚介類や農薬、歯の詰め物(アマルガム:水銀と他の金属との合金)
ワクチン(予防接種)などから取り込んでしまいます。

 

〈症状〉うつ、イライラ、手足のふるえ、
脱毛、中枢神経症状(メチル水銀)・腎臓障害(無機水銀)
運動失調・慢性疲労・抑うつ などの症状があらわれます。

 

 

【鉛(Pb)】
鉛管・染料・殺虫剤・喫煙、排気ガス、白髪染め、
缶詰などから取り込んでしまいます。

 

〈症状〉嘔吐や腹痛、貧血、脳症、
疲労感、うつ病などの原因となります。
多量に摂取すると、暴力行為につながることもあります。

 

 

【ヒ素(As)】
海産物や農産物(地殻中)、農薬や殺虫剤に含まれます。
昔は、殺鼠剤にも含まれていました。

 

〈症状〉嘔吐や下痢、便秘、皮膚障害、手足のしびれ、
がんや皮膚の色素沈着 などの症状をもたらします。

 


【アルミニウム(Al)】

アルミホイルやアルミの鍋、ミョウバンや歯磨き粉、
脱臭剤から取り入れてしまいます。

 

〈症状〉神経障害・貧血・パーキンソン病・アルツハイマー病
記憶障害や筋肉の硬直にもつながります。

 

 

【ベリリウム(Be)】
半導体や石炭などに含まれ、化学性肺炎、咳、体重減少などを引き起こします。

 

 

【カドミウム】
タバコや水道水に含まれており、体にたまると、高血圧や腎障害の原因となります。

 

 

【ニッケル】
各種化粧品に含まれている可能性がある成分で、
ぜんそくやアレルギー、皮膚炎などを誘発する危険性があります

 

 

このように、呼吸や食べ物、ワクチンなどから取り入れた
有害重金属は、
人体に様々な悪影響を及ぼします。

 

・フリーラジカル(活性酸素)の発生
・老化が進む
・免疫力が落ちる
・学習能力、神経機能障害
・心筋障害

等々・・。

 

 

活性酸素は、多く発生すると、
脂質やたんぱく質、DNAなどに影響して、
老化促進の原因になるといわれています。

 

 

また、免疫力も落ちますし、
学習能力や神経機能も悪くなります。

 

 

さきほども紹介しましたが
有害重金属と関係があると言われている病気も、
たくさんあります。

 

 

・動脈硬化
・高血圧
・認知症
・パーキンソン病
・膠原病
・骨粗鬆症
・加齢黄斑変性症
・がん
・疲労感
・頭痛
・腹痛
・精神状態の変化(うつ病、集中力低下、記憶力低下)
・不眠
・異常行動
・皮膚炎
・髪の毛や爪の異常などです。

 

 

潰瘍性大腸炎は、膠原病と同じように、
「自己免疫疾患」と言われています。

 

 

「有害重金属が蓄積すると膠原病になる」と言われていますので、
潰瘍性大腸炎も、
有害重金属と関係があると考えられます。

 

 

 

実際、自分も、有害重金属を体から外に排出すると、
ぐっと体調が良くなってきました。

 

 

体調が良くなっただけではなく、
いつも、ぼーっと頭の回転が遅かったのが、
徐々に集中力がつき、記憶力も少しずつ良くなってきたのです。

 

もしかしたら、体にたくさんの有害重金属が溜まっていたのかもしれません。

 

有害重金属を体から外に出すと、
頭の働きも体の働きも活性化してきますから、
楽しみにしていてくださいね。

 

さて、あなたは、自分の体の中に、
有害重金属がどれくらいたまっているか、
気になりませんが??

 

 

体の中に、どんな種類の有害重金属が、どれくらい溜まっているか、
検査することもできますから、
気になる方は検査をしてみてください。

関連ページ

有害重金属の検査
身体にどのくらい有害重金属が溜まっているか検査する方法について
有害重金属の出し方
体調が悪いということは、 体の中に、ほぼ間違いなく、有害重金属がたまっていると思われます。 「どのくらい有害重金属がたまっているかを正確に知りたい」という人は、 有害重金属の検査をしたほうがいいでしょうけれども、 「早く有害重金属を身体から出したい!」と思われた方は、 検査することに時間とお金を使わずに、 今すぐにでも、有害重金属を身体から排出してきましょう
有害重金属の排毒その@
毒物を排出しながら、 腸の壁を集中して癒やす方法=断食です。 最近、女優さんやモデルさん、俳優さんでも 断食をされている方が増えていますね。 2016年には、俳優の榎木孝明さんが 30日間不食生活をされて話題になりました。 私が断食を実行したきっかけは、 仕事に集中できるように、 トイレに行かなくてもすむようにとの思いからです。
断食の10の効果!
断食には、大まかに10個の効能があります。 1.治癒効果 2.病気を早く治す 3.有害物質の排出 4.抵抗力が強くなる 5.アレルギーが改善する 6.血液がさらさらになる 7.美しくなる 8.肺が綺麗になり、呼吸が深くなる 9.五感が鋭くなる 10.精神が安定する の10個です。 少し詳しく説明しますね。
解毒しながら腸の壁を癒やす方法
断食には、半日断食、1日断食、3日断食(本断食)などがありますが、 わたしが実践した断食は、半日ジュース断食です。 朝食を、人参りんごジュースに代えるだけの カンタンな断食です。 仕事をしていたり、学校に行っていたりなど、 断食しやすい時間は、それぞれ違いますので、 朝、昼、晩のうち、あなたの一番やりやすい時に断食して、 人参りんごジュースを飲みましょう。
人参りんごジュースの効能
実は、人参りんごジュースには、 驚くべきパワーが秘められているのです! 人参りんごジュースの効果・効能について、 にんじんとりんごの効能から考えてみましょう。
人参ジュース断食に挑戦!
人参りんごジュースを使った半日断食は、 非常にカンタンで、朝ごはんを人参リンゴジュースに代えるだけです。 ここでは、半日断食、1日断食、復食、断食の注意点について詳しく解説します。
人参りんごジュースの美味しい飲み方
人参りんごジュースを美味しく飲むために一番大切なことは、 空腹のとき飲むことです。 空腹時に、搾りたて(作りたて)を ひと口ずつ、 ゆっくり噛むようにして、味わっていただきましょう。
人参りんごジュース体験談
ここからは、私の体験談です。 わたしが「人参りんごジュース断食」を始めたのは、 就職して、1人暮らしをしていた頃でした。 1人暮らしの家だったので、 家には、ジューサーもミキサーもありませんでした。
有害重金属の排毒そのA
体から有害重金属を出す方法、 2つ目は、「クロレラ&スピルリナを食べる!」です。 クロレラやスピルリナは、海藻の一種です。 クロレラには、βカロチン、カリウム、リン、ビオチン、マグネシウム、ビタミンB複合体や、数種類のアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。 水銀、鉛、カドミウム、ウランなどの毒素を包み、体が再吸収しないように保つ能力も実証されています。 真のスーパーフードですね。 定期的にクロレラを摂取することで、 重金属が体に蓄積することを防ぐことができます。
有害重金属の排毒そのB
有害重金属を出す方法には、 「ゆっくりとお湯に浸かって汗をかく」という方法もあります。 通常、体内に入った有害重金属は、汗や尿、便と一緒に外に出されます。 尿、便と一緒に排出するためには、 Aのスピルリナ&クロレラを飲めばいいです。 ですが、尿や便からだけではなく、汗から排出することも大事です。
有害重金属の排毒そのC
すぐにトイレに行きたくなる方、 お風呂にそんなに長く浸かれないという方は、 クレイパックで毒素を出していきましょう。 クレイパックとは、クレイ(粘土の粉)を水で溶いたペーストを、 患部に塗って、毒素を出す方法です。 クレイパックは、吸収・吸着力が本当に高く、 お肌や毛穴の汚れをどんどん吸い取る力があります。
有害重金属の排毒そのD
有害物質を排泄する方法には、 他にも、砂に体を埋める「砂療法」や「酵素風呂」、「よもぎ蒸し」など、様々な方法があります。