人参ジュース断食に挑戦!

人参ジュース断食〜その@半日断食の実践

 

人参りんごジュースを使った半日断食は、
非常にカンタンで、

 

朝ごはんを人参リンゴジュースに代えるだけです。

 

 

(朝)人参りんごジュースを500ml飲む

 

(昼)軽く昼食をとる(おそばやうどんなど)

 

(夜)野菜中心のメニューや、具沢山のお味噌汁が理想

 

 

半日断食の場合は、
18時間、固いものを食べない時間を作るようにします。

 

例えば、夜の6時に夕食を食べたら、次の日の昼食はお昼の12時。

 

夕方7時に夕食を食べたら、次の日の昼食は翌日の午後1時が理想です。

 

 

 

とはいえ、そこまで厳密にしなくても、

 

3時間程度ずれても大丈夫です。

 

時間に厳しくするより、
ちょっとずれても、続けることが何より大切ですよ。

 

 

半日断食中の食事内容

 

・五分づき米(玄米)・大豆製品・
野菜中心のメニューを食べましょう。

 

 

半日断食中の食事内容は、最初はいつもどおりの食事で構いませんが、

 

だんだん、ご飯を五分づき米や発芽米にして、

 

小魚、大豆製品、生野菜と煮野菜を積極的に摂るように心がけていきましょう。

 

 

 

・【肉はなるべく避ける】

 

動物性食品に含まれる脂肪は、腸管を腐敗させ、

 

宿便をため込む最大の原因になります。

 

 

・【食事中には、水分はとらないこと。】

 

おなかに食べ物がある時に水を飲むと、胃液が薄まり、

 

水分の排出が抑えられ、むくみの原因になります。

 

 

食前30分と食事中、食後2時間は、
水分をとるのを控えた方が良いと言われています。

 

・【夜食や間食をしないこと。】

 

断食効果がなくなります。

人参ジュース断食〜そのA1日断食の実践〜

時々1日断食をすることもありました。

 

やってみようと思われる方は、参考にしてください。

 

 

 

【1日断食とは?】

 

家庭で手軽にでき、しかも安全で効果的な方法が1日断食です。

 

 

 

1日断食は、1週間のうち、自分が決めた1日を断食します。

 

土日の週末や休日等を利用して行えば、

 

忙しい人でも仕事や学業にも支障なく実行出来るでしょう。

 

 

 

1日断食では、準備期間は必要ありませんが、前日の食事は、

 

お酒やこってりしたものを摂るのは控えて、

 

あっさりとした和食を、腹6分目くらい、いただくようにしましょう。

 

 

 

さて、私が行っていた1日断食では、

3食のかわりに、人参りんごジュースを飲みます

 

 

(もし、人参りんごジュースを飲まなくても過ごせそうな時には

 

人参りんごジュースを抜いて、水分だけを摂ってください)

 

【1日断食中のメニュー】

 

【朝】 朝には人参りんごジュースを500ccほど飲み、

 

【昼】昼にも 人参りんごジュースを500cc飲みます。

 

【夕方】夕方にも、人参りんごジュースを500cc飲みます。

 

(ジュースを作るのが難しい時には、
市販のりんご100%ジュースを飲んでもOKです)

 

1日断食は、
朝起きてから寝るまで、水分以外は一切何もとらない方法です。

 

 

水分は1.5L〜2L程度は補給しましょうね。

 

(人参りんごジュースを飲むと、ちょうど良い水分がとれます)

 

【復食】

 

断食を終えた翌日は食事をとります。

 

1日断食をしたら、1日かけて普段の食事に戻しましょう。

 

 

 

【朝ごはん】半かゆ(米1に対して水10で炊いたおかゆ)+梅干し

 

【昼ごはん】全かゆ(米1に対して水5で炊いたおかゆ)

 

【夕ごはん】普段の食事の半分量

というように、少しづつ食事を普段通りに戻していきます。

 

 

おかゆを炊くのが面倒、または時間がなくて作れない、という方は、

 

パックのインスタントおかゆを買って食べても良いでしょう。

 

 

 

「断食では、復食が1番大事」と言われるほど、

復食は重要
です。

 

焦って色々なものを食べたりせずに、
体に負担をかけないように食事を戻していきましょう。

 

1日断食では、体と心が軽くなり、
腸の負担が軽くなっているのが、
半日断食より、はっきりと実感できると思います。

 

 

 

断食の注意点

断食での注意点の1つは、「脱水症状」です。

 

「断食=全く食べない」と勘違いをして、水分をとるのを止めてしまう方もいます。

 

けれども、水分をとらないことは、大変危険です。

 

 

 

断食中は食べ物からの水分補給が出来ませんので、

意識して、のどが渇く前に飲むようにしましょう。

 

 

 

また、1日断食では、
昼前かお昼のジュースと一緒に、
具が入っていない味噌汁を飲む人もいます。

 

 

 

お味噌も、体調を整えてくれますので、

 

飲める時には飲んでもいいでしょう。

 

 

味噌玉(ラップで、味噌を包んで、小さな丸い玉を作っておきます。)を
お湯で溶くと、すぐに出来上がりますよ。

 

 

 

それが面倒な方は、自然食品の店で、お味噌汁のもとを購入してください。

 

化学調味料の入ったお味噌汁を飲んでいると
せっかく体から有害物質を出しているのに、
逆効果になってしまいますからね。

 

他の注意点は、

 

・無理は絶対にしないこと!
です。

 

断食は、無理してやり遂げる必要はないです。
きついと感じたら止めましょう。

 

 

重金属を出す方法は、断食以外にもたくさんあります。
(お湯にゆっくりと浸かって汗をじっくりと出すなど)

 

断食がツライと感じたら、他の方法をまず、試してください。

 

そして、無理なくできるようになってから、
再チャレンジしてみましょう。

 

 

 

・成長期の子供や妊婦さんは注意しながら!

 

江戸時代などは、1日2食(8〜10時頃と4〜5時頃)が普通でしたので、
1食を人参りんごジュースに変えて行う半日断食なら、
体調を崩すことも少ないと思いますが、
成長期や妊娠中は、たくさんの栄養を体が必要としていますので、
無理は禁物です。

 

体調と相談して行うようにしてくださいね。

 

 

・長期の断食は、専門家の指導の元で行うこと!

 

3日以上断食する場合は、専門家の指導の元で断食を行うようにしてくださいね。

 

「断食道場 〇〇県」で検索すると、たくさんヒットするでしょう。

 

 

 

・飲みすぎないこと!

 

野菜ジュースだからといって、飲みすぎてはいけません。

 

1回につき、だいたい500ml程度の摂取にしましょう。

 

水分ですので、飲みすぎるとお腹がゆるくなりすぎることもあります。
(仕事の時には、自分は200mlくらいにしていました)

 

 

・できる限り、すっぴんで過ごしましょう!

 

断食中は、皮膚も排毒します

 

メイクで肌をおおっていると、毒が排出されにくくなります。

 

断食中は、吸収する力も高まっていますので、
化粧品などの余計なものは、できるだけ肌につけない方が良いです。

 

・入浴では、石鹸を使わないようにしましょう!

 

断食中の入浴では、悪いものを吸収しないように、
できるだけ石鹸は使わないようにしましょう

 

特に、石鹸は、腎臓に悪い影響を及ぼしやすいと言われています
タオルでこするだけで、十分に汚れは落ちますからね。

その他の断食方法

【酵素断食】
酵素断食は、万田酵素という発酵食品を少量とりながら行なう断食で、
宿便をたくさん排出しますので、
腸の状態を改善する力が大きい断食法です。

 

【すまし汁断食】
すまし汁断食は、断食中・空腹感が少なく、
宿便も排泄されやすい断食法です。

 

【はちみつ断食】
1日に2〜3回、はちみつを水に溶いて飲むもので、
筋肉を落とさずに脂肪だけを減らせる断食法です。

 

【重湯断食】
重湯断食は、胃下垂や胃弱、貧血などの体力が弱い方に向いているもので、
玄米の重湯を一日2回飲みながら行なう断食法です。

 

【無水断食】
無水断食は、食物も水も飲まない断食です。
断食明けに2リットルほどの梅湯を飲み、生野菜を食べます。
確実に宿便を排泄できる究極の断食法です。

 

【寒天断食】
腸に癒着のある人、腸閉塞や腸捻転の傾向がある人に向いている断食法です。
腸の中が空っぽになった時、腸の一部が細くなったり詰まったり、ねじれたりするのを防ぐために、ソーセージのように、寒天で詰め物をして断食をします。

 

寒天で腸の形をキープすることで、安全に断食ができます。

 

☆他の断食方法を試してみたくなったら、調べて実践してみてくださいね。

 

野菜!果物の栄養が丸ごと取れる!低速回転ジューサー



関連ページ

注意が必要な有害重金属
注意が必要な有害重金属は 数多くあります。 また、食品にも含まれていますので、 有害重金属を含む食物を摂る時には、 食べ過ぎないように注意が必要です。 ワクチン(予防接種)も、 できれば避けたいものです。 これから、いくつか 有害重金属の紹介をします。
有害重金属の検査
身体にどのくらい有害重金属が溜まっているか検査する方法について
有害重金属の出し方
体調が悪いということは、 体の中に、ほぼ間違いなく、有害重金属がたまっていると思われます。 「どのくらい有害重金属がたまっているかを正確に知りたい」という人は、 有害重金属の検査をしたほうがいいでしょうけれども、 「早く有害重金属を身体から出したい!」と思われた方は、 検査することに時間とお金を使わずに、 今すぐにでも、有害重金属を身体から排出してきましょう
有害重金属の排毒その@
毒物を排出しながら、 腸の壁を集中して癒やす方法=断食です。 最近、女優さんやモデルさん、俳優さんでも 断食をされている方が増えていますね。 2016年には、俳優の榎木孝明さんが 30日間不食生活をされて話題になりました。 私が断食を実行したきっかけは、 仕事に集中できるように、 トイレに行かなくてもすむようにとの思いからです。
断食の10の効果!
断食には、大まかに10個の効能があります。 1.治癒効果 2.病気を早く治す 3.有害物質の排出 4.抵抗力が強くなる 5.アレルギーが改善する 6.血液がさらさらになる 7.美しくなる 8.肺が綺麗になり、呼吸が深くなる 9.五感が鋭くなる 10.精神が安定する の10個です。 少し詳しく説明しますね。
解毒しながら腸の壁を癒やす方法
断食には、半日断食、1日断食、3日断食(本断食)などがありますが、 わたしが実践した断食は、半日ジュース断食です。 朝食を、人参りんごジュースに代えるだけの カンタンな断食です。 仕事をしていたり、学校に行っていたりなど、 断食しやすい時間は、それぞれ違いますので、 朝、昼、晩のうち、あなたの一番やりやすい時に断食して、 人参りんごジュースを飲みましょう。
人参りんごジュースの効能
実は、人参りんごジュースには、 驚くべきパワーが秘められているのです! 人参りんごジュースの効果・効能について、 にんじんとりんごの効能から考えてみましょう。
人参りんごジュースの美味しい飲み方
人参りんごジュースを美味しく飲むために一番大切なことは、 空腹のとき飲むことです。 空腹時に、搾りたて(作りたて)を ひと口ずつ、 ゆっくり噛むようにして、味わっていただきましょう。
人参りんごジュース体験談
ここからは、私の体験談です。 わたしが「人参りんごジュース断食」を始めたのは、 就職して、1人暮らしをしていた頃でした。 1人暮らしの家だったので、 家には、ジューサーもミキサーもありませんでした。
有害重金属の排毒そのA
体から有害重金属を出す方法、 2つ目は、「クロレラ&スピルリナを食べる!」です。 クロレラやスピルリナは、海藻の一種です。 クロレラには、βカロチン、カリウム、リン、ビオチン、マグネシウム、ビタミンB複合体や、数種類のアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。 水銀、鉛、カドミウム、ウランなどの毒素を包み、体が再吸収しないように保つ能力も実証されています。 真のスーパーフードですね。 定期的にクロレラを摂取することで、 重金属が体に蓄積することを防ぐことができます。
有害重金属の排毒そのB
有害重金属を出す方法には、 「ゆっくりとお湯に浸かって汗をかく」という方法もあります。 通常、体内に入った有害重金属は、汗や尿、便と一緒に外に出されます。 尿、便と一緒に排出するためには、 Aのスピルリナ&クロレラを飲めばいいです。 ですが、尿や便からだけではなく、汗から排出することも大事です。
有害重金属の排毒そのC
すぐにトイレに行きたくなる方、 お風呂にそんなに長く浸かれないという方は、 クレイパックで毒素を出していきましょう。 クレイパックとは、クレイ(粘土の粉)を水で溶いたペーストを、 患部に塗って、毒素を出す方法です。 クレイパックは、吸収・吸着力が本当に高く、 お肌や毛穴の汚れをどんどん吸い取る力があります。
有害重金属の排毒そのD
有害物質を排泄する方法には、 他にも、砂に体を埋める「砂療法」や「酵素風呂」、「よもぎ蒸し」など、様々な方法があります。