ホメオパシーについて

ホメオパシーについて

ホメオパシーは、「同種療法」とも言われます。

 

同種療法とは、

 

「健康な人に対して、ある症状を起こさせるものは、
その症状を取り去るものになる
」という、
同種の法則を根本原理とする自然療法です。

 

昔から伝わる日本の民間療法も、多くが同種療法に基づいていました。

 

例えば、喉がいたいときに、喉がヒリヒリするしょうが湯を飲んだり、

 

熱が出ている時に、布団をたくさんかぶって熱くするなどは

 

その名残です。

 

 

同種療法に基づく考えは、ギリシャのヒポクラテスも持っていましたので、
ヒポクラテスをホメオパシーの元祖と考える人もいます。

 

 

現在のホメオパシーの開祖は、ドイツの医師 「サミュエル・ハーマネン」です。

 

 

 

ハーマネンは、マラリアに効くというキナの皮を煎じて飲んだことがありました。

 

 

 

キナの皮を飲んだハーマネンは、一時的に発熱し、

 

マラリアと同じような悪寒、痛み、脱水症状、脱力感などの症状に襲われたのです。

 

 

 

マラリアにかかっている人には、マラリアの症状を取り去ってくれるキナの皮が、

 

健康な人には、マラリアと同じような症状をもたらすことにヒントを得たハーマネンは、

 

「同種の法則」を発見し、体系的に構築しました。

 

 

 

そして、「超微量の法則」を加え、人体に有害な毒物でも、

 

天文学的に希釈し、叩くことで毒性が失われ、心身に深く作用し、

 

穏やかに、かつ根本的に治癒させることができるホメオパシー療法をつくりあげたのです。

 

 

 

それでは次に、私のホメオパシー体験談を載せておきます。

 

 

 

関連ページ

インナーチャイルドセラピー
子供の頃の思い出は、心の奥底にしまいこまれ、 意識することはほとんどありません。 けれども、子供のころに感じた苦しみや悲しさ、怒り、 恨みなどをため込んでいることが 病気の原因になっていることは多いと言われています。 幼いころ、「お兄ちゃん、お姉ちゃんでしょ」 と言われて我慢していることが多かったり、 親やまわりとの関係の中で傷つくことが多かったと感じる方は、 子ども時代を思い出し、幼い頃の自分を癒してあげることで、 体調がぐんと良くなることがあります。 幼い頃の自分を癒す療法は、「インナーチャイルド療法」とも言われますが、 どこかに習いに行かなくても、自分で十分に癒すことができます。
宇宙エネルギーを活用するレイキ
レイキは、臼井甕男(1865年-1926年)氏によって始められた療法です。 レイキとは、カンタンに言えば、 「わたしたちの身の回りに満ちている宇宙エネルギーを使った ハンドヒーリング法」です。 発祥は1922年3月。 臼井甕男氏が、悟りを求めて京都の鞍馬山で、 瞑想と断食の修行を行いました。 その際に、宇宙エネルギーを受け取ったことが始まりです。 (臼井氏は、宗教者でも教祖でもなく、 民間療法として、レイキ療法を立ち上げました。) 1935年にハワイのハワヨ・タカタ女史がレイキの伝授を受けたことを皮切りに、 アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国で、 国際的に「REIKI」または「霊氣」として広がっていきました。
心と身体と魂に変容をもたらすホメオパシー
ホメオパシーは、肉体と心と魂に、同時に変容をもたらす不思議な療法です。 ホメオパシーは、「由井寅子」さんという方が、 日本に紹介されました。 実は、ホメオパシーを日本に紹介した由井寅子さんも、 昔、潰瘍性大腸炎を経験されています。 由井寅子さんは、ロンドンでテレビの報道の仕事をされていたのですが、 34歳の時に、潰瘍性大腸炎になってしまい、 1日20回にも及ぶ下血と、発熱で苦しみました。
ホメオパシー体験談
私がホメオパシーの診察を受けたいと思ったのは、 由井寅子さんの本を読んだことがきっかけでした。 自分の場合は、車で30分ほどのところにある内科のお医者様が、 偶然、ホメオパスとして活動されていましたので、 病院で診察を受けました。 (今は独立されているようです) 1回の診察で2週間分のホメオパシーの砂糖玉をいただき、 毎日飲みました。
運動や歌で感情を解放する
体を通して感情を解放する方法は、数多くあります。 あなたのお好みに合わせて選んでくださいね。 体調が悪くてすぐにトイレに行きたくなる場合には、 あまり体に負担をかけない方法で、 短い時間で終わるものの方が良いかもしれません。 体を通して感情を解放する方法は、数多くあります。 あなたのお好みに合わせて選んでくださいね。 体調が悪くてすぐにトイレに行きたくなる場合には、 あまり体に負担をかけない方法で、 短い時間で終わるものの方が良いかもしれません。
癒しの周波数を持つ音を聴く
「音楽は身体と心を癒やす」 と良く言われますが、 癒やしの周波数について聞いたことはありますか? 数年前からブームになっているのですが、 癒やしの周波数とは、グレオリオ聖歌に見られる音階で、 12音ではなく、 世界各地の民族音楽で使われていることが多い6音音階です。 ソルフェジオ周波数は、9個(基本は6個)あります。
感情を癒やすセラピーについて
さて、ここまでで、感情を癒やす方法についてたくさん紹介してきましたが、 あなたにはどの方法が合いそうでしょうか? 現在では、これまで紹介した以外にも、 感情を癒やすためのスピリチュアル系のセラピーがたくさんあります。 けれども、スピリチュアルなセラピーやセミナーは、一般に、大変高額です。 料金が、1回1万〜3万以上するものがほとんどです。 興味がある方以外は、受ける必要はないと思います。